いつのまにか、、、2013/01/02 11:24

1 年もほったらかしにしてしまった、、、
書くネタがないわけではなかったが、写真撮るのも面倒でそのままにしていた。今年は、文章だけでも書いていこう!!

とりあえず、2012 年のジャンク (その他) まとめ

1) ThinkPad X6x シリーズ
実をいうとジャンク PC はあまりいじらなかった。とはいっても
たぶん 1月頃に液晶がシミだらけの ThinkPad X61 を入手 (液晶はその後交換) し、現在のメインこたつマシンとなっている。
後は、ジャンクの ThinkPad X60s を 3 台入手した。3 台とも液晶パネルに難があるもので、パネル交換して修理を完了した。
2012 年のジャンク PC はこれだけである。

2) スマートフォン
2012 年はスマートフォン (含むタブレット) をいくつか入手して遊んだ。
最初は某ネットショップでジャンクの T-01A (Windows Mobile) を見つけて買ったのが始まりで、環境整備してしばらくソリティアばかりしていた。

Kindle fire が出るとのことで、待っていたのだがそれより先に Nexus 7 が出たのでそっちを買ってしまった。タブレットがこんなによいものだとは思わなかった。

ただし、Nexus 7 は無線 LAN 以外のネットワークがないので外出時のネット接続を模索 (本当は iPhone があるので、別に模索する必要性は低い) していたところ DTI の ServersMan SIM (\490) の存在を知る。この SIM が使えて、テザリングができる端末を物色していたところ Docomo の P-01D という Android 端末を発見。そのまだと、どーしよーもない端末らしいが root 化するとよい子になるらしいので、オークションで入手。
Nexus7 + P-01D (root 化済み) + ServersMan SIM で「快適なネットワーク」となるはずだっだが、さすがは \490 ”快適”にはほど遠いが、Twitter 読んだりする分には不自由しないので便利に使っている。

3) オーディオ
2012 年はオーディオを整備したいと思い
・実家の押し入れに眠っていた古い AV アンプ (ONKYO の A-V 1000 pro) を引っ張り出してきた。
・スピーカーは、これもまた古い YAMAHA の NS-10M があるのだが、このスピーカーを置くスペースさえないので、BOSE の 101MM (中古) を買った。
・CD プレーヤーがほしかったので、ジャンクの ONKYO C-722M と C-722M LTD (なぜか 2 台) をオークションで入手。ジャンクだったので分解して整備したら、それなりに動くようになった。
・小型のデジタルアンプ Lepai LP-2020A+ を買ったが実は使っていない。一番の問題はヘッドフォン端子がないこと

オーディオ関連は、こんなものか、、、(実はジャンクの CD プレーヤーは他に 2,3 台 (いずれもジャンク) を入手しているが、すでに実家の押し入れに押し込んでしまっている)

とりあえず、2012 年の趣味のまとめはこんなところ


さて、今年であるが、
・iPhone の 2 年縛りが 10 月に終わるので、新機種 (iPhone5s?) に変えるかどうか考え中。とりあえず iPhone 貯金を少しずつしている
・もう少しオーディオを充実させたい。アンプがでかいので、これを小型のデジタルアンプに変えるとか、ヘッドフォンも少しよいものに変えたい。
・デスクトップ PC のパワーアップ。CPU 交換、メモリ増設、Windows 8 へのアップデート位でよいと思う
・本を読む。でも本は意外にお金がかかるんだよなぁ
・ぼーっとネットばかり見ないで、勉強する。たぶんムリ

まぁ、こんなところか

Debian に Dropbox を CUI インストール2013/01/03 15:29

1) 必要パッケージのインストール

# aptitude install libnautilus-extension1 libnautilus-extension-dev python-docutils

※ 上記以外のパッケージは依存関係でインストールされる

【参考サイト】
http://samidarehetima.blog9.fc2.com/blog-entry-127.html


2) dropbox インストールパッケージの取得 & インストール

$ wget --no-check-certificate https://www.dropbox.com/download?dl=packages/debian/dropbox_1.4.0_i386.deb
$ wget https://www.dropbox.com/download?dl=packages/dropbox.py
$ wget http://dl.getdropbox.com/u/6995/dbreadconfig.py

# dpkg --force-depends -i dropbox_1.4.0_i386.deb

※ GUI (gtk) を使わないので依存関係を無視 (--force-depends) でインストール

【参考サイト】
http://subtech.g.hatena.ne.jp/secondlife/20090421/1240314050


3) 初期設定-1
必要なディレクトリ等を作り、一旦止める

$ dropbox start -i
Starting Dropbox...
Dropbox is the easiest way to share and store your files online. Want to learn more? Head to http://www.dropbox.com/

In order to use Dropbox, you must download the proprietary daemon.
Note: python-gpgme is not installed, we will not be able to verify binary signatures. [y/n] y
Downloading Dropbox... 100%
Unpacking Dropbox... 100%
Dropbox isn't running!
Done!

$ dropbox stop

【参考サイト】
http://subtech.g.hatena.ne.jp/secondlife/20090421/1240314050


4) 初期設定-2
本来なら

$ python dbreadconfig.py

を実行して得られた

host_id = XXXXXXXXXXXXXXX
last_revision = None
schema_version = 6

の host_id 指定してブラウザで

https://www.getdropbox.com/register?host_id=XXXXXXXXXXXXXXX

にアクセスして認証するのだが、dbreadconfig.py で

$ python dbreadconfig.py
Traceback (most recent call last):
  File "./work/dropbox/dbreadconfig.py", line 22, in 
    cur.execute('select key, value from config order by key')
sqlite3.OperationalError: no such table: config

のようなエラーになるので、無理矢理

$ ~/.dropbox-dist/dropboxd&

を実行。すると

このクライアントはアカウントにリンクされていません...
このマシンをリンクするには https://www.dropbox.com/cli_link?host_id=XXXXXXXXXXXXXXXXX を開いてください。

のようなエラーが発生するので、エラーメッセージ中の url にブラウザでアクセスして認証すると

クライアントはリンクされました。XXXXXXXXX さん、ようこそ!

となり、認証が完了しファイルが同期されるようになる。
$ ls -l ~/Dropbox

とすると、すでにあるファイルが同期されているはず

【参考サイト】
http://d.hatena.ne.jp/rti7743/20110101/1293886580
http://web.archive.org/web/20110725154912/http://wiki.dropbox.com/TipsAndTricks/TextBasedLinuxInstall


5) init.d スクリプトを設定してシステム起動時に自動実行させる

http://web.archive.org/web/20101024043218/http://wiki.dropbox.com/TipsAndTricks/TextBasedLinuxInstall/UbuntuStartup

から Debian 用の init.d スクリプトをコピーして、/etc/init.d/dropbox を作成

#!/bin/sh
### BEGIN INIT INFO
# Provides: dropbox
# Required-Start: $network $syslog
# Required-Stop: $network
# Default-Start: 2 3 4 5
# Default-Stop: 0 1 6
# Description: Start the dropbox
### END INIT INFO

# dropbox service
DROPBOX_USERS="username"

DAEMON=.dropbox-dist/dropboxd

start() {
  echo "Starting dropbox..."
  for dbuser in $DROPBOX_USERS; do
    HOMEDIR=`getent passwd $dbuser | cut -d: -f6`
    if [ -x $HOMEDIR/$DAEMON ]; then
      HOME="$HOMEDIR" start-stop-daemon -b -o -c $dbuser -S -u $dbuser -x $HOMEDIR/$DAEMON
    fi
  done
}

stop() {
  echo "Stopping dropbox..."
  for dbuser in $DROPBOX_USERS; do
    HOMEDIR=`getent passwd $dbuser | cut -d: -f6`
    if [ -x $HOMEDIR/$DAEMON ]; then
      start-stop-daemon -o -c $dbuser -K -u $dbuser -x $HOMEDIR/$DAEMON
    fi
  done
}

status() {
  for dbuser in $DROPBOX_USERS; do
    dbpid=`pgrep -u $dbuser dropboxd`
    if [ -z $dbpid ] ; then
      echo "dropboxd for USER $dbuser: not running."
    else
      echo "dropboxd for USER $dbuser: running (pid $dbpid)"
    fi
  done
}

case "$1" in
  start)
    start
    ;;

  stop)
    stop
    ;;

  restart|reload|force-reload)
    stop
    start
    ;;

  status)
    status
    ;;

  *)
    echo "Usage: /etc/init.d/dropbox {start|stop|reload|force-reload|restart|status}"
    exit 1

esac

exit 0

変更箇所は DROPBOX_USERS にユーザ名を指定するだけ、複数のユーザで利用する場合にはブランクで区切って指定

DROPBOX_USERS="user1 user2"

insserv で dropbox サービスを追加

# insserv dropbox

sysv-rc-conf で設定を確認できる

# sysv-rc-conf --list dropbox
dropbox      0:off      1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off


6) システムを再起動して動作を確認。他のマシンからファイルを追加してみる